自動酵素消化システム
DigestPro

自動酵素消化・MS分析用前処理

 

概要


DigestProはMSスペクトルを用いたプロテオミクスのためのタンパク質の酵素消化とMS全処理に特化したシステムです。溶液内、ゲル内両方でのタンパク質消化のために必要なステップの全てを完全自動化します。

加えて、DigestProは、サンプルのクリーンアップとMALDIのためのスポッティングを自動化することができます。一回に96サンプルというハイスループット処理が可能です。また、すべてのプロセスを、マススペクトルによるタンパク解析のために不可欠な、完全制御された再現可能な形で実行します。

機能


  • 自動でのゲル内または溶液内消化
  • そのまま実行可能、かつフルカスタマイズも可能な最適化済みプロトコル
  • ステップごとに最適な温度設定が可能(加温・冷却)
  • 普段お使いのバッファ及び溶液が使用可能(低ランニングコスト)
  • ZipTip(または同様な逆相担体チップ)による脱塩と濃縮
  • MALDIプレートへのスポッティング
  • 個々のニーズに合わせてセットアップ可能なモジュール式ワークエリア

プロテオミクスをシンプルに

マススペクトルによるタンパク解析のためのサンプル調節が簡単になります

DigestProは、in-solution 分解、in-gel 分解、脱塩化や濃縮を含むサンプルのクリーンアップを、すべて実施できる装置です。すぐに使えるプロトコルを使えば、必要なすべてのステップを高いスループットの高速自動運転で即座に実施することができます。さらに、必要に応じて、すべてのステップをカスタマイズすることも簡単です。

溶液内消化

1
ジスルフィド結合の還元
2
システイン残基のアルキル化
3
酵素消化(最高70℃まで)
4
Zip TipまたはStage Tipによるクリーンアップと濃縮

ゲル内消化

1
ジスルフィド結合の還元
2
システイン残基のアルキル化
3
酵素消化(最高70℃まで)
4
ゲル片の洗浄とペプチドの溶出。ニードルはゲルから離れた位置で液を添加し、サンプルには触れないためコンタミのリスクはありません。
5
Zip TipまたはStage Tipによるクリーンアップと濃縮

ゲル内消化

シンプルで堅牢なシステム

DigestProは液体と空気の両方を供給する独自の2チャンネルニードルを用います。反応容器からの排液にはニードル外筒が容器のメンブレンを密閉しエアパージで容器内の液を排出します。ニードル外筒によるシーリングが解除された段階で、ニードル内筒から次の液が供給されます。この方法によって、微量の液体の反応容器からの液の排出と容器への注入がゲル片を失うことなく確実、正確に行われます。

CEM - In-Gel Digestions

液の排出

1
エアパージ
2
シーリングメンブレン
3
ゲル片

新たなバッファの添加

4
液の注入

CEM - Sample Clean-Up

サンプルクリーンアップ

ZipTipを用いた自動脱塩濃縮機構

DigestProは自動でZipTipや同様の逆相担体チップを用いたクリーンアップと濃縮を行うことができます(ZipTipはEMD Milliporの登録商標です)。ラックに置いたチップをニードルに装着して使用し、再利用の為にラックに戻します。ZipTipのC-18担体にペプチドを吸着し、チップ上での洗浄を行います。ペプチド溶液は、少量のバッファで濃縮溶出します。必要であれば、チップを用いてサンプルを直接MALDIプレートにスポットすることも可能です。ZipTipの代わりに自作のチップ(StageTip)を用いることも可能です。

アプリケーションデータ

CEM - Enhanced Digestion

消化の加速

高温での高速消化

DigestProは8-65℃の間で設定された温度での高速酵素消化を行うことができます。高速で完全な消化を行うために昇温条件下でのプロトコルを最適化することができます。また、ジスルフィド結合の還元にも昇温条件下でのプロトコルを用いることができます。

CEM - Customizable Work Area

カスタマイズ可能なワークエリア

個々の必要に合わせたワークエリアデザインが可能

DigestProのワークエリアは自由にカスタマイズでき、お客様のアプリケーションに合わせて異なるモジュールを選択することができます。

目的別モジュール:
  • ゲル内消化
  • 溶液内消化
  • チップを使ったサンプルクリーンアップ
  • MALDIプレートへのスポッティング

さらに、DigestProの柔軟性を示す要素には以下のものがあります:消化・回収のための異なるバイアルフォーマットの使用、8-70℃の間でプログラム可能な温調機能、ZipTipとStageTipの使用、多数の試薬用ポジション