マイクロ波マッフル炉
Phoenix BLACK

マイクロ波を使用しないマッフル炉と比べて、97%速くサンプルを灰化させることができます。

 

概要

Phoenix BLACK™ マイクロ波マッフル炉を使えば、真似のできないスピードと安全性でサンプルを灰化させます。フルカラーのタッチスクリーンを持つインターフェイスで、装置のプログラミングが簡単にできます。コンピューターとの接続は不要なので、作業台の貴重なスペースを節約することができます。2つの磁電管が、灰化前の作業なしで、キャビティを極めて短いランピング時間で加熱します。わずか数分で灰化を始めることができます。この頑丈なPhoenix BLACKを使えば、すぐに微調整を加えることも、仕様外の製品の数を減らすことも、全体のプロセス管理を改善することも可能です。

特徴

  • 最大 15 サンプルまで同時に灰化可能
  • プラチナを含め、従来の灰化システムで通常使われるどのようなるつぼでも使用可能
  • 電気加熱炉およびマイクロ波加熱炉としての要求水準を充足

CEM - Much faster than traditional muffle furnaces.

速い

  • 設定温度まで数分で温度を上げます。
  • 乾燥段階を経ずに、炉から直接秤りを使いに行くことができます。
  • 従来のマッフル炉を使う方法よりも、最大97%速くサンプルを灰化することができます。
  • 1ステップの灰化:炉内で前灰化を完了し、ブンゼンバーナーは必要ありません。

サンプルの灰化時間を見る

CEM - Safety

安全

  • 換気し続けることで、すすや悪臭を研究施設に残しません。
  • NISTトレーサブルな熱電対によって、確実に正確な温度管理を行います。
  • クオーツ繊維製のるつぼは、数秒で触れる温度まで冷却されます。
  • 炉のドアが取り外れている時には、統合センサーによってキャビティのドアが開いたままになります。

CEM - Ease-of-Use

使いやすい

  • 開始時間と温度の上がり方が自動に決まり、メソッドを簡単にプログラミングできます。
  • 秤りやプリンターと組み合わせて、自動的に結果を出力します。手動で計算する必要はもうありません。
  • ターンキーによるバリデーションや品質検査のトレーサビリティーのために適格性確認(IQ/OQ/PQ)サービスを使うことができます。
  • 自動硫酸灰化:サンプルを炉に設置して、スタートを押すだけです。

CEM - phoenix black requirements

各産業でマッフル炉の代わりになる要件を満たしています。

Phoenix BLACKは、電熱炉の使用が定められたメソッドでも、マイクロ波加熱炉の使用が定められたメソッドでも、必要な条件を満たすことができます。

最も一般的に使われるメソッド

  • ASTM D874-92 – 潤滑油の硫酸灰分試験法
  • ASTM D5630-94 – 熱可塑性物質の灰分試験法
  • IP 501 – 灰化による燃料油サンプルの試験法
  • USP 281 – 強熱残分(ROI)/硫酸灰
  • USP 733 – 熱灼減量(LOI)
  • AOAC・FDA・ISO・DINなどの様々なメソッド
  • など...

NIST トレーサブルな熱電対やキャリブレーションソース装置などのオプション付属品を使えば、 ISO や GLP に従った温度確認や温度較正を素早く簡単に行うことができます。

取り外し可能な炉内インサート

ご自分のニーズに合わせて炉へ挿入する物を簡単に交換することができます。

CEM - phoenix black removable furnace inserts
CEM - High Temperature Furnace Setup

高温用炉内インサート

  • 1200℃まで加熱できます。
  • クオーツ繊維製るつぼを8本(20mLまたは50mL)または5本(100mL)置くことができます。
CEM - High Capacity Furnace Setup

高容量用炉内インサート

  • 1000℃まで加熱できます。
  • クオーツ繊維製るつぼを15本(20mLまたは50mL)または12本(100mL)置くことができます。

クオーツ繊維製るつぼ

CEM - Quartz Fiber Crucibles

より速い

このクオーツ繊維製るつぼのデザインにすることで、空気がサンプルの中を循環できるようになり、試験時間が15分まで短くなります。

より安全

るつぼは数秒以内に触れる温度まで冷却されるので、セラミック製るつぼと比べて、やけどのリスクが大幅に減ります。

より簡単

るつぼは、ほぼ瞬時に冷却されます。灰化後に長い時間をかけて冷却させたり、乾燥させたりせずに、すぐに計量することができます。